保健師への転職を考えている方は「志望動機」についてしっかりと熟考しておくのをお薦めします。求人の絶対数が少なく志望者の多い保健師への転職を成功させるには、志望動機で他の保健師と大きな差を付けるのがお薦めなのです。

私の身近な保健師の話を聞くと、保健師を目指した理由で特に多いのは「家庭と両立しやすい」「給料が良い」「夜勤が無い」等です。後は「看護師よりも保健師の仕事内容に魅力を感じるようになった」というのもありますね。しかし面接で答える志望動機としてはどれもイマイチです。「保健師の仕事に魅力を感じる」はなかなか良いですが、もっと具体的に答えられるようにしたいものです。

では一体どのような志望動機を用意しておくのが良いかと言うと、「保健師として職場にどのように貢献したいか?」という点です。行政保健師にしろ企業保健師にしろ重要なポイントとなるので覚えておくと良いでしょう。保健師の求人には数多くの応募者が殺到しますから、採用側はかなり掘り下げた質問をして来る事が多いですよ。

Comments are closed.

Theme by RoseCityGardens.com