Category: 未分類

勤労者医療を実践するのが保健師です

保健師への転職を考えているのであれば『勤労者医療』について、しっかりと学び考えておくと良いです。勤労者医療は「労働者の健康と職業生活を守る為の医療」を指しますから、保健師が社会で求められる役割そのものと言っても良いでしょう。

勤労者医療の具体的な内容は、労働者の疾病の予防と早期発見、そして治療とリハビリテーションです。労働者が健康を害する事無く働けるよう最大限にサポートし、疾病を抱えながらも仕事を続けていけるように適切な対処と手助けを行なうのが保健師の役割になります。今の時代は特に職業病や労働災害を防ぐ事に重点がおかれていますから、勤労者医療という言葉が新しく出て来たのです。

保健師が勤労者医療を実践する為には労働者が業務上で置かれている状況、そして健康を害する可能性や危険性をしっかり知らねばなりません。その為には企業体制と労働環境を良く知り、様々な分野の知識を積極的に取り入れて自分自身で学んで行く必要がありますね。

保健師への転職に自信がない時

今は学生時代から保健師を目指している方が多いと思いますが、臨床で看護師を経験した方が保健師へ転職を考えるケースも増えて来ています。私の友人看護師の中にも保健師資格を取得する為に勉強中の方が居ます。

しかし看護師から保健師への転職はなかなか勇気がいるものです。保健師は看護師の上位職でありながら役割が大きく異なります。人々の病気や健康に対して全く逆の方向からアプローチする職業なのです。その為保健師を目指しながらも自分に勤まるだろうか?と悩まれ、不安を感じている方は少なくないでしょう。

そんな気持ちで保健師への転職に自信が持てない方も、まずは転職サイトで相談されるのをお薦めします。転職サイトでは数多くの転職事例を扱っていますから、同じ様な形で転職された方達の成功例を聞く事が出来ます。勿論失敗例もありますから様々なアドバイスを聞いて自分に最適な転職先を見つける手助けをして貰うと良いでしょう。

確かに役割は異なりますが看護師から保健師へ転職して良かったと感じている方の方がずっと多いと思いますよ。

人気の職場も保健師資格だけで転職が可能

保健師として転職を希望する場合、選ぶ職場によってはかなりの苦戦を強いられる事になります。例えば健診センターや企業の医務室勤務は非常に人気が高いので一つの求人を大多数で奪い合う事になります。

保健師が活躍する職場の中でも特に人気の高いこれらの職場に無事に転職を果たすには、保健師だけでなく他の資格や経験も身に付けておくと有利になります。しかし保健師の資格しか持っていなくても転職が可能になる職場も実は結構あるものです。他の資格を取得する準備期間が無い…といった方はそのような職場を対象に転職活動を行なえば無事に転職を果たす事が出来るでしょう。

看護師系の転職サイトには付加スキルが無くても転職出来る職場の情報が出回っています。そういった職場では履歴書や面接でのアピールポイントがあり、上手に対策をすれば保健師資格のみても採用率をアップさせられます。付加スキルが無くて自信が無いという方も、まずは一度転職サイトに相談をしてみるのがお薦めですね。

メンタルケア・スペシャリスト養成講座を受けておく

保健師はどの分野で活躍をするにしても、大抵はメンタルヘルスのスキルが必要になるかと思います。企業保健師は勿論の事、学校保健師や病院保健師、健診センター、介護関連施設、そして行政保健師でも、やはりメンタルケアを求められますよね。体の健康は心の健康とも密接にリンクしているので当然と言えば当然でしょう。

このメンタルヘルスの能力を高めるには色々な方法がありますが、私的にはメンタルケア協会で行なわれているメンタルケア・スペシャリスト養成講座がなかなかお薦めと思います。東京を始め大阪・名古屋・福岡・広島・仙台・札幌等で開催されているので是非受講されると良いです。

ちなみにメンタルケア・スペシャリスト養成講座は年齢・学歴・職歴不問で受講が可能です。つまり転職対策のスキルアップにもお薦めなんですね。私も保健師の仕事を見付ける前に養成講座を受けて精神対話士の資格を取得しました。企業や健診センター等の人気の職場を目指したい方は取得されると良いと思います。

履歴書対策は重要

産業保健師への転職を成功させる為にはいくつかのポイントがありますが、私的には履歴書対策は非常に重要だと思います。何故なら条件の良い求人には多くの希望者が集まりますから履歴書でまずは選考が行なわれるでしょう。面接まで進むには履歴書で人とは違うアピールを行い面接のチャンスを掴まなくてはなりません。

面接まで進む為の履歴書作りは実は結構難しいものです。様々な経験や資格を持っている強豪がライバルとして大勢居る筈ですから、単に自分のスキルを羅列するだけでは不十分です。これまでの経験や資格から特に何をアピールするか、どのような形でアピールするかも重要になって来るのです。

こういった履歴書作りは自力ではなかなか大変なので求人紹介会社(転職サイト)に力になって貰うのが一番です。それぞれの企業によるアピールポイントもありますから自分で考えるには限界があるんですね。勿論履歴書だけでなく面接対策も行なってくれるので頼りに鳴る事は間違いありませんよ。

《産業保健師の求人・採用対策web》難関突破のための手 引き

産業保健師に役立つ資格
・健康医療コーディネーター(日本健康医療学会
・精神対話士(メンタルケア協会

ブランクからの復職&転職

現在保健師の求人を探している方の中には看護師として一度は就職をしたものの、結婚・出産・育児で退職をし、新たに保健師として転職を希望している方もいらっしゃるでしょう。また元々保健師でも、出産や育児での退職後に復職&転職活動を行なっている方も多いのではないでしょうか。

こういったブランクがあっての求人探しは不安も多くなかなか大変とは思いますが、保健師の場合は看護師よりもブランクの影響は少ないと言えます。看護師であれば病気に対する処置方法が異なっていたり、知らない医療機器が使われていたりと、改めて学ぶ事が沢山あります。しかし保健師は予防や公衆衛生の観点から医療に携わるので看護師よりはブランクの心配は無いでしょう。

但し予防や公衆衛生の面でも新たな知識が必要になる事があります。また看護師業務も行なう職場ならブランクも大きな影響があるでしょう。なので出来るだけブランクの影響が少ない職場を選んでスムーズに復職&転職をするのが理想的と思います

「志望動機」は大事です

保健師への転職を考えている方は「志望動機」についてしっかりと熟考しておくのをお薦めします。求人の絶対数が少なく志望者の多い保健師への転職を成功させるには、志望動機で他の保健師と大きな差を付けるのがお薦めなのです。

私の身近な保健師の話を聞くと、保健師を目指した理由で特に多いのは「家庭と両立しやすい」「給料が良い」「夜勤が無い」等です。後は「看護師よりも保健師の仕事内容に魅力を感じるようになった」というのもありますね。しかし面接で答える志望動機としてはどれもイマイチです。「保健師の仕事に魅力を感じる」はなかなか良いですが、もっと具体的に答えられるようにしたいものです。

では一体どのような志望動機を用意しておくのが良いかと言うと、「保健師として職場にどのように貢献したいか?」という点です。行政保健師にしろ企業保健師にしろ重要なポイントとなるので覚えておくと良いでしょう。保健師の求人には数多くの応募者が殺到しますから、採用側はかなり掘り下げた質問をして来る事が多いですよ。

メンタルヘルスを極めるなら精神保健師

特にメンタルヘルスの分野で保健師として活躍をしたいのであれば精神保健師もお薦めです。精神保健師は精神障害者の社会復帰を支援する為の職業です。

精神保健師が働くのは精神保健福祉センターや精神障害者福祉施設、精神科病院です。具体的な仕事内容は医師や看護師、作業療法士等とチームを組み、患者が適切な診察と治療を受けられるように計らい、日常生活は勿論の事、社会生活も支援しながら社会復帰を目指して行きます。

精神疾患を抱えた方の支援だけでなく、薬物やアルコール依存症といった問題を抱える方の支援を行なうケースもあります。決して簡単な仕事ではありませんが、具体的で積極的な支援を必要としている方が対象となる為、非常に遣り甲斐の大きな仕事になっています。メンタルヘルスの分野で存分に活躍をしたいなら一番にお薦めしたい職業になります。

ただ精神保健師の求人は特殊な為、非公開で募集される事が多いです。精神保健福祉士の資格を取得する等、十分なスキルを身に付けてから求人紹介会社に相談されると良いです。

介護関連施設からの保健師求人

日本は本格的な高齢化社会を迎えており、介護関連の施設でも保健師のニーズが高まっています。保健師の求人を探しているのなら、このような介護関係も選択に入れると良いです。

介護関連施設といっても様々で、デイサービスやショートステイ型の施設に始まり、老人ホーム、介護保健施設等があります。保健師の役割は高齢者の健康管理は勿論の事、集団感染を防ぐ為の衛生管理も重要な仕事になって来るでしょう。施設が健全に運営する為には無くてはならない存在となるのです。

このような介護関連施設では、保健師は常勤だけでなくパートやアルバイト、派遣としても働く事が可能です。自分に合った働きが出来る点で家庭を持っている保健師でも継続しやすい仕事になっています。

また給料は時給では1400円~2000円程、月収だと20万円~40万円程です。地域や施設にもよりますが一般的には常勤だと25万円からの所が多いですね。収入はそれほど高くはありませんが、働きやすさと遣り甲斐の大きさからお薦めの求人と言えると思います。

企業保健師の求人探しのポイント

行政機関で働くよりも一般企業で働きたい、と考える保健師も少なくないかと思います。企業保健師の職業は今注目されており、人気の就職先の一つかと思います。

この企業保健師と聞くと企業の医務室勤務を想像する方は多いと思いますが、製薬企業で働く保健師も居ます。新薬の開発や治験に保健師として携わる仕事で、向き・不向きがありますが興味のある方には非常に魅力的な仕事でしょう。また保険会社や警備会社で働く保健師も大勢居ます。

企業保健師の求人を探すポイントは、まずは十分な情報収集です。企業保健師といっても職種は様々で、活躍する場によって待遇も大きく異なって来ます。特に年収は350万円程度~700万円や800万円と幅広いのが特徴です。業務内容もそれぞれなので、納得出来る職場を探すには様々な求人を見比べてみる必要があるのです。

ちなみに企業保健師の求人は非公開の情報も非常に多いです。ハローワークや企業を自分で当たる方法では限界がありますから、求人紹介会社を利用されるのがお薦めです。

Theme by RoseCityGardens.com